クリニック

妊活で仕事と両立のコツは?

女性が会社の最前線で働くことも珍しくなくなった現在、中には妊活をしたいのに仕事が忙しくて出来ないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに仕事と妊活を両立させるのは難しいかもしれません。
しかし実際には上手に両立している女性も多くいるのです。
今回は妊活をする上で、仕事と両立を行うコツについてご紹介いたします。

まずクリニック選びが非常に重要です。
多くの不妊治療のクリニックでは、平日の昼間しか診療を行っていらず、仕事が終わる頃には既に閉まっているなんてことはよくあります。
しかし最近では夜間や土日診療が可能なクリニックも増えてきています。
そのような仕事に支障を与えることの無いクリニックの中から選ぶようにしましょう。

クリニックが決まったら、会社の同僚や上司に妊活をしている最中だということを話しておいた方が良いかもしれません。
現実問題として、なかなか理解してもらうのは大変かと思いますが、事前にそのことを話しておかなければ突然休みを取った場合、会社に迷惑をかけてしまうことになります。
まずは直属の上司に話をするか、もしくは規模の小さな会社でしたら直接社長に話をしてみてください。
「そんなことで休むな」なんていう会社はほとんどないでしょう。
もし、上司や会社の人間に話すのが難しい、という方は、スケジュール管理をこまめに行いましょう。
1日でこなせる作業量と、それに見合った作業時間、さらには自分が行えない範囲のお仕事について周りに協力を求めるなど、前もって行えることは沢山あります。
なるべく生活のオン・オフというリズムをはっきりさせ、妊活と仕事の両立を心がけましょう。

そして仕事をしていると、どうしてもある程度のストレスを抱えてしまうことでしょう。
ストレスは妊活の大敵です。
なるべくストレスを溜めないように仕事をすることも大切ですが、日々のストレス解消もきっちり行うことが大切です。

ストレス解消方法として最も有効的なのが適度に身体を動かすことで、ウォーキングやランニングなどを毎日数十分程度で構いませんので実践してください。
たったそれだけで十分にストレス解消に繋がりますし、適度に運動をすることは妊娠しやすい体質を作ることも出来て一石二鳥なのです。

このように妊活と仕事を両立させるためのコツさえ掴んでしまえば、働きながら望んでいた子供を授かることが出来ます。
フルタイムでの仕事が難しいと感じたら、会社に相談してパートタイムにしてもらうと生活に余裕が出来ます。