クリニック

妊活ではクリニックの費用も視野に

不妊で悩む夫婦にとって、最も気になるのがクリニックの診療にはいくらほどの費用がかかってくるのか、ということだと思います。
子供が出来るなら費用はいくらかかっても良いという夫婦もいらっしゃるかと思いますが、やはり費用は視野に入れなければいけません。

クリニックに通うこと無くセルフケアで行える妊活も多数知られていますが、やはり自分だけの力では限界があります。
では具体的にどの程度の費用が必要になってくるのでしょうか。

例えば妊活で最も基本となるタイミング療法についてです。
タイミング療法というのは、医師に排卵のタイミングを見てもらい、その指示に従って性行為をするという方法です。
身体に異常が無ければ、5回前後のタイミング療法で妊娠することも多いです。
費用の方も最も安価で、1回5,000円~10,000円程度で月一回までは保険が適用されます。

次に人工授精についてですが、夫の精子を自宅や専用の部屋で採取し、医師が直接子宮へ送り込む方法です。
タイミング療法でうまくいかなかった夫婦が次に選ぶのがこの人工授精です。
保険は適用されなく、一回10,000円~30,000円程度の費用が必要です。
それでも比較的にコストの少ない不妊治療方法といえるでしょう。

そして体外受精や顕微授精などは、人工授精で妊娠出来ない場合に多くの夫婦が選んでおり、最も費用がかかる方法となります。
最低でも300,000円程度必要で、平均的には500,000円前後と思っておいた方が良いでしょう。
もちろん多額の費用を支払ったからといって、確実に妊娠出来るワケではありません。

ここでいくつか不妊治療の費用についてご説明させていただきましたが、あくまでも目安の費用となります。
不妊治療は自由診療に分類されるため、各クリニックで自由に料金を決めることが出来るのです。

不妊治療は高ければ良いというものでは無く、また安ければ悪いというものでもありません。
大切なのは妊活を続ける夫婦の努力と評判の良いクリニックを選ぶことです。
そろそろ政府も本気になって妊活が完全保険適用になるよう議論をしてもらいたいですね。