クリニック

妊活と禁煙

妊活をしているのにも関わらず煙草を吸ってしまうのは大きな弊害となります。
煙草は百害あって一利なしの存在であり、健康や美容はもちろん、妊娠しにくい体質を作ってしまうことになります。
それではどうして妊活に禁煙が推奨されているのでしょうか。

実際のところ、これから妊活をしようとしている女性で、煙草を吸っている人は少ないかと思います。
最近は世の中全体が禁煙ブームであり、過去に喫煙していたけど、今は吸っていないという人も多いでしょう。
これほど喫煙が悪者扱いされるようになった理由は、やはり健康被害が大きいからです。
そして当然のことながら妊娠にも悪影響を与えてしまいます。

喫煙をすると、身体全体を流れている血流が悪化します。
その影響から卵巣機能が低下したり、女性ホルモンの弱体化や減少などが見られます。
男性も精子の数が減ってしまうため、お互いにデメリットしかありません。
特に問題なのが卵巣機能低下で、一度この機能が低下することによって、なかなか正常な状態に戻すことが難しくなるのです。

喫煙によるデメリットはこれだけではありません。
妊娠していることに気が付かず、そのまま煙草を吸い続けることによって、胎児に大きな悪影響を与えてしまい、様々な病気を持った赤ちゃんが産まれてしまう可能性があります。
せっかく念願の子供を授かったのに、不健康な赤ちゃんでは大変です。
妊活のことだけではなく、その後のこともしっかりと考え、今すぐに禁煙をしてください。

そして自分たちが吸わなかったとしても、受動喫煙によって妊活の妨げになることもあります。
むしろ受動喫煙の方が怖いともいわれています。
ですので、レストランなどで食事をする際には、出来る限り禁煙席を選んだり、街中でも喫煙所に近付かないことが大切です。

このように喫煙は妊活どころか、身体に悪影響しか無いことをご理解いただけましたでしょうか。
もちろん喫煙者を否定することはしませんが、もし健康的な生活を送り、また元気な赤ちゃんが欲しいのでしたら、すぐに禁煙することをオススメします。